「運動は苦手だし食事制限はつらいから、ダイエットサプリを飲んでみようかな…」

そんなふうに思っても、数えきれないほどあるサプリのなかから、どれを選んだら良いのかさっぱり分からないという方は多いと思います。

でも、“芸能人がおすすめしていたから”“CMで見たことがあるから”などの理由で「なんとなく」サプリを選んでしまうことは避けなければなりません。

サプリにはそれぞれ特徴があり、あなたに合ったものを選ばなければ、望むようなダイエット効果は得られないからです。

そこで今回は、ダイエット効果を出すためのサプリメントの選び方や注意点についてご説明していきたいと思います。

ダイエットサプリは太る原因に合わせて選ぼう

食事量が多い、ついつい間食をしてしまう、代謝が悪いなど、人にはそれぞれ体重が増加する原因があります。

サプリを選ぶ際は、あなたが太ってしまう原因に合ったものを見極めることがポイントです。どれを選んだら良いか分からないと、価格が手頃なものや知名度のあるものを選んでしまいがちですが、あなたが太る原因を改善できるサプリでなければ、いくら飲んでも意味がないのです。

ダイエットサプリメントは大きく分けて、

  • 脂肪燃焼系
  • 糖質・脂質カット系
  • 便秘改善系
  • 食欲抑制系

の4種類があります。あなたがどのタイプにあてはまるかを、次の章でチェックしてみましょう。

あなたはどれ?タイプ別ダイエットサプリの選び方

タイプ別サプリの選び方と含まれる代表的な成分、そして期待できる効果をまとめてみました。

①なんだか最近太りやすくなった…そんなあなたは「脂肪燃焼系サプリ」

脂肪燃焼
昔は特に運動をしなくても太ることはなかったのに…、ダイエットなんて他人事だと思っていたのに…、30代後半あたりから、こんな風に感じる方は多くなってきます。

これは、加齢による基礎代謝の低下が原因。若い頃のように食べ過ぎたから太ったというのではなく、少しずつ気がつかないうちに体重が増えていくというのが特徴です。

そんな方におすすめなのは、脂肪燃焼系サプリメント。その名のとおり、体に溜まった余分な脂肪を燃焼しやすくすることで、太りにくく痩せやすい体を作ります。運動前や出勤前など体を動かす前に飲むのが効果的です。

■代表的な成分

カプサイシン 唐辛子に含まれる辛み成分、脂肪を分解する、血行を促す
ピペリン コショウに含まれる辛み成分、脂肪を分解する、血行を促す
L-カルニチン 脂肪を燃やす酵素「リパーゼ」をつくる
クロロゲン酸 脂肪を消費しやすくする
α-リポ酸 糖質をエネルギーに変える

②炭水化物や油ものが大好きなあなたは「糖質・脂質カット系サプリ」

糖質・脂質
炭水化物を控える糖質制限ダイエットや、油ものを控える脂質制限ダイエット。確かに食べなければ減量できるかもしれませんが、ごはんやめん類・パン・揚げ物が好きな方にとってはとても辛い方法です。

たとえ、ダイエット効果が出たとしても、今後ずっと炭水化物や脂質を控える食生活を贈るのは難しいですよね。それに、主食や主菜を我慢する食生活は、やめた途端に反動でリバウンドしてしまうリスクも高いのです。

そこでおすすめなのが、糖質・脂質カット系サプリメント。摂ってしまった糖質や脂質を腸内で吸収しないようブロックしたり、吸収する前に排出したりすることができます。

会社の飲み会や友達との食事会など、“今日は食べ過ぎてしまうかも…”という前に飲むのもオススメです。

■代表的な成分

ギムネマシルベスタ ハーブの一種、血糖値の上昇をゆるやかにし、腸内での糖質の吸収を抑える
サラシア 植物成分、腸内での糖質の吸収を抑える
酵母菌 糖と結合して発酵・分解し、吸収を抑える
カテキン 緑茶などに含まれ、余分な脂肪分の吸収を抑える
難消化性デキストリン 食物繊維の一種、糖や脂質の吸収を抑え、血糖値や中性脂肪の上昇をゆるやかにする

③おなかぽっこりなあなたは「便秘改善系サプリ」

便秘改善
数日に1回しかお通じがない、下腹がポッコリしている…そんな方は腸内環境を整え、便秘を解消することで、体重を減少させる効果が期待できます。

腸の中に便が溜まっていると、食べ物の消化吸収が遅くなります。すると、食べ物が腸に長く留まるため、より多くのカロリーを吸収してしまいます。また、腸に溜まった栄養素は、皮下脂肪になりやすいのです。

腸内環境を整えるには、腸の善玉菌を増やすオリゴ糖や、腸の動きを良くする乳酸菌、便のカサを増したり滑りをよくしたりする食物繊維が含まれるサプリメントがおすすめです。

■代表的な成分

オリゴ糖 善玉菌のエサになり、腸内環境を整える
乳酸菌 悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を整える/腸のぜん動運動を活発にする
酵素 消化を促し、体内環境を整える
難消化性デキストリン でんぷんから生成される水溶性食物繊維、便をやわらかくする
サイリウムハスク オオバコ科の植物、水溶性・不溶性両方の食物繊維を含み、整腸作用がある

④食べるの大好き、間食がやめられない…それなら「食欲抑制系サプリ」

食欲抑制
おいしいものを前にすると抑制がきかない、お腹いっぱい食べないと満足できない、しっかり食事をしてもすぐにお腹が空いてしまう…そんな方には、食欲抑制タイプのサプリがおすすめです。

満腹中枢を刺激することで、脳にお腹がいっぱいと錯覚させ、自分ではコントロールできない食欲を抑えて食べ過ぎを防ぎます。

食欲抑制系のサプリには、アメリカなど海外製のものも多いですが、日本では認められていない成分を含むものもあります。そういったものをインターネットなどで安易に購入するのは控えた方が良いでしょう。

以下は、日本で販売されているダイエットサプリに含まれる安全な成分です。

■代表的な成分

酵母菌 食欲を抑えるホルモン「レプチン」を活性化させる/食欲増進因子「グレリン」を減らす
アフリカンマンゴー 満腹中枢を刺激し、食欲を抑える
ギムネマシルベスタ/カフェイン 消化を促し、体内環境を整える

ダイエットサプリのメリット

では、ほかの方法ではなく、サプリメントを利用してダイエットを行うことには、どのようなメリットがあるでしょうか。

手軽で手間がかからない

サプリメントの場合、手間なく摂取できるというのが1番のポイントと言えます。

ダイエット食品やダイエットシェイク、酵素ドリンクなどと違い、グラスやシェイカー、器などを用意したり、牛乳や水で溶いたり、片づけをしたりする必要が全くありません。

また、ピルケースなどに入れて持ち運びができるため、職場でも外出先でも、旅行中でもいつでもどこでも飲むことができます。

ダイエットにありがちな○○で続かない…がない

ダイエットの基本は、数週間~数ヶ月単位で続けること。どんなに画期的な方法でも、数日で効果が現れ、それを継続させることは難しいでしょう。

しかし、ダイエットには以下のようなさまざまな障害があるため、「今度こそ!」と思って始めても、結果が出る前にフェードアウトしてしまう人は多いのです。

  • 食事制限やダイエット食品……お腹がすいて続かない
  • ○○だけダイエット……飽きてしまって続かない
  • 酵素ドリンク……味が苦手で続かない
  • 運動……辛くて続かない/面倒で続かない

その点サプリメントは、パッケージから出して飲むだけ。辛いこと、面倒なことがないので、毎日の習慣にしてしまえば、楽に続けられます。

足りない栄養素を効率よく補える

ダイエットのために食事の量や食材を制限すると、栄養素が偏ったり、必要な栄養分が不足しがちになったりすることがあります。そうなると、食事制限が原因でかえって代謝を悪くするということにもなりかねません。

しかし、かといってさまざまな栄養素をバランスよく摂ろうとすれば、必然的に食事量、つまり摂取カロリーも増えてしまいます。

サプリメントなら、ダイエットに効果的な成分はもちろん、不足しがちな栄養素をカロリーオーバーすることなく、簡単に効率よく補うことができます。

ダイエットサプリのデメリット

では次に、ダイエットサプリメントのデメリットについて見ていきましょう。

効果が現れるまでに時間がかかる

例えば、1食置き換えダイエットのように毎日確実に摂取カロリーを減らす方法や、トレーニングのように大幅に消費カロリーを増やす方法であれば、一時的には短期間のうちに減量することも可能です。

しかしサプリメントには、みるみる体重を減らすといった効果はありません。少なくとも3~4ヶ月は継続し、徐々に体脂肪を減らしたり、体質を改善したりすることで、痩せやすい体質にしていくのが目的です。

そのため、今すぐに痩せたいという人の期待には応えられないかもしれません。

ただ飲むだけではダイエットできない

ダイエットサプリのなかには、「好きなものを好きなだけ食べても、このサプリさえ飲めば痩せられる」というような誤解を招くものもあります。

しかし、サプリメントは医薬品ではありません。ただ飲むだけで劇的なダイエット効果を得られるわけではないため、サプリの効果を上げるための努力も必要になります。

例えば、燃焼系のサプリを飲んでいるなら、軽い運動と組み合わせることで、より脂肪燃焼効果が上がり代謝の良い体に近づくことができます。

また、便秘解消系のサプリを飲むのと並行して、食物繊維の多い野菜や腸内環境を整える発酵食品を積極的に食べるようにする、有酸素運動やストレッチ、腹筋運動を習慣にすることで排便習慣が身につきます。

サプリはそれだけで魔法のようなダ効果があるわけではありませんが、上手に利用すれば、ダイエットをしっかりサポートしてくれます。

成分が体に合わないことがある

誰かにとって効果のあるサプリが、あなたにも効くとは限りません。それどころか、人によっては成分が体に合わないために、アレルギーや下痢などの症状を起こす可能性もあります。

購入前には必ず成分を確認し、飲んでみて何か少しでも異常が出た場合は、すぐに使用を中止しましょう。

また、サプリメントは長期間に渡って使用するものなので、できるだけ添加物の少ないものを選ぶことも大切です。

痩せるために生活習慣を変えよう

ダイエットサプリの正しい選び方と併せて、なぜ太ってしまったのか、その原因も同時に解消しなければ大きな効果は望めません。その原因の一つは、食生活にあると考えられます。
脂肪燃焼を助けるために食事面や運動面で改善するポイントを、まとめました。

朝ごはんは毎日食べる

朝食はしっかり食べると、その日一日空腹感を感じにくくなります。
さらに午前中はカロリー消費の効率が高まります。朝食を少し食べ過ぎでも太りにくいので、たくさん食べたい人やカロリーの高いものはなるべく午前中に取るようにしましょう。

水分をこまめにとる


食事の際には必ず水分を摂りましょう。
食事のとき以外にもこまめな水分補給は、スムーズな消化を助けて代謝もアップさせてくれます。特に、緑茶は代謝を大きく助けて、脂肪の燃焼効率もよくなるので、食事の前後にはできるだけ飲んでみてください。

朝一番やお風呂に入る前のタイミングで水を飲むとさらに効果的です。

悪い食べ物は避ける

脂肪分の多いジャンクフードや、糖質の多い主食やお菓子の量は控えめにするのが、ダイエットで成功する条件です。加工食品も身体に悪く健康的な代謝を阻害して、太りやすくなってしまうので注意しましょう。

代わりに、低カロリーでタンパク質の多い食品をメインのおかずにすると、必要な筋肉を落とさずに痩せられます。

必須栄養素をしっかり補う

基礎代謝を保って脂肪を燃焼するには、ビタミンミネラルといった必須栄養素の働きが欠かせません。

普段の食事からすべてを補う自信がなければ、栄養バランスまで考慮されたダイエットサプリを活用してください。できれば、食物繊維だけでも生の食材から補うのが望ましいです。

食物繊維には、腸内環境を整える、食事からの余分なカロリーを抑える、空腹感を紛らわせるなどサプリメントにも匹敵するさまざまな作用があるからです。

軽めの運動を継続する


ダイエットのために特別なトレーニングメニューを組む必要はありません。まずは継続を重視して、無理なく実践できる軽い運動から取り組み、習慣化するのが先決です。15分~30分前後でも良いので、軽く汗ばむくらいのレベルの運動なら、毎日無理なく実践できます。

毎日は難しくても、週に2~3日だけでも体を動かす時間を作るだけで、ダイエットサプリの効き目も全然違ってきます。

筋トレと有酸素運動を組み合わせる

筋肉を増やして基礎代謝を高くするための筋トレと、脂肪のエネルギー変換に欠かせない有酸素運動の組み合わせが、ダイエットの王道です。ダイエットの成功はこの2つの王道なくしては考えられません。

スローペースでいいので、深い呼吸と一緒に行うのがポイントです。脂肪燃焼系や酵素系のダイエットサプリと一緒に運動習慣を続ければ、相乗効果となって納得の行く結果が出しやすくなるでしょう。

雨の日でも大丈夫!自宅で簡単に出来る有酸素運動

さとこさとこ

全て簡単な動きの繰り返しだから楽に有酸素運動が出来るでしょ☆

みどりみどり

運動音痴な私でも楽しくエクササイズできたわ♪美脚チェックも同時に行えるのね♪

さとこさとこ

ダイエットサプリに有酸素運動を取り入れると、より綺麗に痩せる事ができるから、短時間でも習慣ずけるといいよ!

みどりみどり

これならズボラな私でもできそう♪

本当に効く激やせダイエットサプリまとめ

ダイエットサプリはそれぞれ減量のためのアプローチ方法が異なります。ですから、一人ひとりの食習慣や生活習慣に合わせたサプリを飲むことで、ダイエット効果が得られます。

例えば、全く運動を行わない人が燃焼系のサプリを飲んでもあまり意味はありませんが、ウォーキングなどをしている人や、通勤で歩いたり仕事で体を動かしたりする機会の多い人が飲めば、効率よく脂肪を燃焼することができます。

ダイエットサプリは、飲むだけで痩せるというものではありませんが、適切に利用すれば、あなたのダイエットを力強くサポートしてくれるのです。

そして、せっかくサプリを飲んでいるんだからキレイになりたい、絶対に効果を出したいという気持ちで日々の生活を送ることが、ダイエットを成功へと導きます。

サプリを飲むのは初めての方、飲んだことはあるけど今まで思うような効果が得られなかった方は、ぜひ参考にしてみてください。