サプリメントと薬の違いサプリメントと(医薬品)はどちらも薬局で売られていて、形状もとても似ています。そのため、なんとなく同じようなものだと思ってしまいがちですが、実は飲む目的も性質も全くの別のものなんです。

今回は、サプリメントと薬の違いについて解説していきたいと思います。

サプリメントは食品

錠剤やカプセルといった形状をしているため勘違いされがちですが、サプリメントは薬ではなく「栄養補助食品」や「健康補助食品」と呼ばれ、食品に分類されています。

薬のように、何らかの症状を改善するためではなく、普段の食生活で不足しがちな栄養素を補って、健康を維持したり健康を増進したりするのが目的です。

例えば、外食が多く野菜が摂れない方はビタミンやミネラルが含まれるサプリメントを、貧血気味だけど食事改善が難しい方は鉄分のサプリメントを…といった具合です。

薬には、医師から処方される「医療用医薬品」と、薬局などで誰でも購入できる「一般医薬品」がありますが、一般医薬品を販売する薬局には必ず薬剤師が在中しています。

サプリメントは食品なので、コンビニやネット通販などでも自由に購入することができます。

サプリメントは効能の表示ができない

薬は、「薬事法」という法律のもと、成分や製造方法がしっかりと管理されています。細胞実験や動物実験、臨床試験(人への試験)を経て、厚生労働省の承認を受け、初めて販売が許可されます。

一方、サプリメントには、薬事法のような決まりがなく、臨床実験の必要もありません。そのため、風邪薬や頭痛薬のように「○○に効く」のような効果・効能の表示はできません。ただし、サプリメントのなかには

  • 特定保健用食品:特定の効果があることが科学的に実証されており、消費者庁に許可を受けた食品
  • 機能性表示食品:安全性や機能性を証拠と共に消費者庁に提出した食品
というものがあり、この2つの場合、効果を表示することが可能です。ダイエットサプリで言うところの「体脂肪が気になる方へ」「コレステロールが高めの方へ」「便秘の改善が期待できる」といったものです。

しかし、どちらも薬事法で認められたものではないため、「○○の治療に役立ちます」といった、疾病治療ができるような表現をすることはできません

サプリメントは効きめがゆるやか

薬は、数多くの実験・試験を繰り返し、科学的根拠に基づいて作られたものです。そのため、疾病の治療に対して即効性があります。

一方、サプリメントは疾病を治すためのものではありません。摂取することで足りない栄養を補ったり、健康を維持したりすることが目的なので、その効果はゆるやかです。

また、薬には高い効果が期待できる反面、副作用が出る場合もあります。副作用と言っても吐き気や頭痛といった重いものから、風邪薬にあるような眠気のような軽いものまでさまざまです。

サプリメントの多くは医薬品と違い天然成分でできているため、副作用のリスクはほとんどありません。

サプリメントは摂取のタイミングや期限が決まっていない

高血圧の治療薬や抗アレルギー剤のように、慢性的に服用するものもなかにはありますが、基本的に薬は、特定の症状が治癒するまでの間だけと、服用期間が限定されています。

一方サプリメントは、健康維持・健康増進のために飲むため、摂取する期間に決まりはなく、基本的には長期間摂取することで緩やかな効果が期待されます。また、薬のように1日3回食前・食後などの飲むタイミングにも決まりはありません。

サプリメントとは病気を未然に防ぐもの

薬とサプリメントの最も大きな違いは、

  • 薬は病気を治したり、症状をやわらげたりする働きのあるもの
  • サプリメントは病気を未然に防ぐもの

と言って良いでしょう。サプリメントは足りない栄養素を補ったり、もともと体に備わっている免疫力を高めたりすることで、病気や体の不調を予防することができるのです。

病気になってから、肥満になってから、体を健康な状態に戻すのは時間もお金もとてもかかります。「予防医学」という言葉がありますが、日常生活にサプリメントを取り入れることで体調の管理をすることは、心身共に健やかな毎日を過ごしていくためにとても有効です。

まとめ

肉・魚・大豆製品・野菜など、バランスの良い食事をとることが、健康のためにもダイエットのためにも大切なことは誰でもご存じだと思います。

しかし、コンビニやファストフードなど手軽においしいものが買え、仕事や家事が忙しく毎回完璧な食事を摂ることなど不可能に近い現代では、ダイエットサプリは私たちの健康を維持するためにとても役立ってくれます。

誰でも自由に買うことができ、自分に足りない成分を補うことができるサプリメント。上手に利用して健康で美しい体を手に入れたいですね。