腸内環境調整サプリダイエットと言えば、運動すること、食事制限をすること、この2つを思い浮かべる人は多いと思います。

でも、これらのダイエットをしてもなかなか痩せることができない…そんな人はもしかすると腸内環境が乱れているのかもしれません。

腸は、消化吸収はもちろんのこと、脂肪や体内の有害物質を排出したり、新陳代謝をつかさどったりといった、ダイエットには欠かせない大切な働きもしています。つまり、腸内環境を整えることが、ダイエットを成功させるにはとても重要なことなのです。

そこで今回は、腸内環境の改善に役立つサプリメントについて解説していきたいと思います。

太りやすいのは腸内環境の悪化が原因!?

近ごろよく耳にする「腸内フローラ」。何のことかご存じですか?

腸内フローラとは、私たちの腸内に住む多種多様な細菌の集まりのこと。顕微鏡でのぞくとまるでお花畑のように見えることから、そう呼ばれています。

この腸内フローラを作っている腸内細菌は約100種類、100兆個以上あると言われていますが、大きく分けると善玉菌・悪玉菌・日和見菌(ひよりみきん)の3種類に分類されます。

実は、この腸内細菌のバランスが、ダイエットに大きな影響を及ぼしているのです。

腸内細菌の理想のバランス

3種類の腸内細菌は、それぞれ異なる働きをしています。

善玉菌:悪玉菌の増殖を抑える/腸の運動を促す
悪玉菌:脂質やタンパク質を腐敗させる/アンモニアを生産する/有害物質を作る
日和見菌:中立な菌/その時々で優勢な方の味方をする

善玉菌:悪玉菌:日和見菌は、2:1:7のバランスが理想とされています。善玉菌が優勢であれば、日和見菌は善玉菌と同じ働きをするので、腸内環境が良好になります。この状態を“腸内フローラが整った状態”と言います。

腸内環境が悪いと太りやすい身体になる

腸内環境が整う(=腸内フローラが整う)と、消化吸収がスムーズに行われます。必要な栄養素を吸収し、不要なものは便として体外に排出されます。

しかし、消化吸収がうまくいかないと、食べ物が腸のなかに長く留まり便秘になってしまいます。すると、本来排出されるべき便に残った余分なカロリーまで、何日もかけてしっかりと吸収してしまうのです。

また、便の中に残りやすい成分として脂肪がありますが、便秘になると、この脂肪まで吸収してしまい、皮下脂肪がつきやすくなります。

さらに、便は体内でいらなくなった老廃物なので、排出されずに腸に長くとどまっていると有害物質を出すようになります。

この有害物質が腸壁から吸収され血液中をめぐると、体内に栄養素を循環させる働きが低下し、代謝が下がってしまいます。代謝が悪いとエネルギー消費量が少なくなるので太りやすくなってしまいます。

つまり腸内環境が悪化すると…

  1. 余分なカロリーまで体内に吸収してしまう
  2. 皮下脂肪がつきやすくなる
  3. 代謝が悪く

という、ダイエットには好ましくない状況になってしまうのです。

腸内環境の改善に効く成分

では、どうすれば腸内環境を整えることができるのでしょうか。

もっとも大切なのは、食事内容を改善することです。善玉菌を増やす食品を意識して食べることで、腸内で善玉菌が優勢となり、腸内フローラを理想のバランスに整えることができます。

腸内環境を改善するのにおすすめの成分を見ていきましょう。

乳酸菌

善玉菌の代表格である乳酸菌。チーズ・ヨーグルトなどに含まれる「動物性乳酸菌」と、納豆・味噌・醤油・キムチなどに含まれる「植物性乳酸菌」があります。

生きて腸まで届く植物性乳酸菌には、腸内を酸性にして悪玉菌が増殖しにくくする働きや、腸のぜん動運動を促す働きがあります。

動物性乳酸菌は熱や酸に弱いため、胃酸によって死滅してしまいますが、死んでしまった菌(死菌)でも、腸内にいる善玉菌のエサになって増殖させ、悪玉菌が好む有害物質を吸着して体外に排出することができます。

ビフィズス菌

私たちの腸内に住んでいる善玉菌のうち、なんと99.9%はビフィズス菌です。ビフィズス菌は糖を分解し、乳酸や強い殺菌力のある酢酸を作って大腸の中を酸性にし、悪玉菌の増殖を抑制します。

ビフィズス菌を摂取することで、アンモニアなど有害物質が減少するため、腸内環境が整い便秘解消効果が期待できます。

オリゴ糖

オリゴ糖は小腸では吸収されず、大腸まで届くという特徴があります。善玉菌の一種であるビフィズス菌のエサになって増殖させ、腸内環境を整えます。

オリゴ糖は、バナナや玉ねぎ・にんにくに含まれる「フラクトオリゴ糖」、母乳や乳製品に含まれる「ガラクトオリゴ糖」、大豆製品に含まれる「大豆オリゴ糖」など、さまざまな種類があります。

食物繊維

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。

水溶性食物繊維は、水分保持力が高いため、水に溶けるとドロドロのゲル状になり、余分な脂質などを吸着しながら排出する働きがあります。

とうもろこしやジャガイモのデンプンに含まれる「難消化性デキストリン」、野菜や果物に含まれる「ペクチン」、海藻に含まれる「フコダイン」や「グルコマンナン」などが水溶性の食物繊維です。

不溶性食物繊維は水に溶けず、胃や腸で水分を含んで大きく膨らみます。そのため、便をカサ増しし、腸を刺激して便通を促します。豆類やきのこ類、切り干し大根などに多く含まれています。

腸内環境の改善にオススメのサプリメント

腸内環境を改善するためには、上記でご紹介したような野菜や海藻、豆類、発酵食品、ヨーグルトなどをバランスよく毎日食べるのが理想ですが、実現するのはなかなか難しいですよね。そこでオススメなのがサプリメントです。

ビフィーナS

加齢や食生活の乱れにより年々減っていくビフィズス菌。腸内細菌の実に99.9%を占めるビフィズス菌が減少すると腸内環境は乱れ、肥満の原因になってしまいます。

そのため、サプリメントで積極的に補いたいところですが、ビフィズス菌は胃酸に弱いため、腸に届く前にほとんどが死滅してしまうというデメリットがありました。

しかしビフィーナSは、二重のカプセルでビフィズス菌を胃酸からしっかり守るので、生きたまま腸まで届けることができます。

価格 3,856円
内容量 1個60粒/約1ヶ月分
摂取目安 1日2粒

※表示価格は税込です

植物性乳酸菌ラブレ

胃酸に弱い動物性乳酸菌と違い、生きて腸まで届くことができる植物性乳酸菌。日本食にはなじみの深い味噌や漬物などの食品にも多く含まれていますが、近年は食生活の欧米化や外食の増加により、摂取量が減ってきています。

ラブレには、植物性乳酸菌の中でも、特に腸の中で生きるぬく力が強いラブレ菌を配合しているため、毎日摂り続けることで腸内に善玉菌を増やし、腸内環境を良好に保ってくれます。

植物性乳酸菌ラブレは、乳酸菌飲料としておなじみのカゴメのラブレをカプセルで手軽に摂取できます。

単品価格 4,286円
定期コース 3,762円
送料 定期コース:無料/単品購入:381円
内容量 1袋30粒/約1ヶ月分
摂取目安 1日1粒

※表示価格は税抜です

プレファイバー

腸内環境を健やかに保つため、善玉菌のエサとなるオリゴ糖と食物繊維の両方を配合しています。

腸までしっかり届きビフィズス菌のエサとなる難消化性オリゴ糖を4種、そして食物繊維は水溶性と不溶性を1:1の割合で配合しています。

パウダータイプなので、コーヒーやスープに混ぜたり、お米と一緒に炊いてもOK。1日1包なので、無理なく続けられます。

単品価格(1ヶ月分) 3,480円
単品価格(2ヶ月分) 4,870円
定期コース 初回980円/2回目以降2,506円
送料 無料
内容量 5g×30包/約1ヶ月分
摂取目安 1日1包

※表示価格は税抜です

ダイエットを成功させたいならまずは腸内環境の改善から!

腸内に悪玉菌が多いと、便がスムーズに排出されないため、消化吸収がうまくいきません。放っておくと、老廃物が溜まり血のめぐりも悪くなり代謝も落ちてしまいます。

これでは、いくらがんばって食事制限をしてもあまり効果は期待できませんよね。

でも、腸内に善玉菌が増えれば、腸が活発に動いて便が排出されやすくなるため、余分な老廃物や脂肪を溜め込まなくなり、代謝も上がります。腸内環境を改善することで、瘦せやすい身体を作ることができるんですね。

今までダイエットをしてもあまり効果がなかったという方は、ぜひ腸内環境を整えるタイプのダイエットサプリを試してみてください。